en casa

ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

*

シーツを干す場所がない!干し方は室内ではどうしたら良い?ハンガーで乾かせる?

      2016/01/17

42b5051b470cf837c69d259e4df44614_s

 アパートに住んでいると、ベランダは広くないし、室内も広さに余裕が有るわけではないし、シーツなどの大物を洗うと干す場所に困りますよね。

 シーツを干す場所がないけど、コインランドリーに持って行って乾燥機にかけるしかないの?アパートの室内でなんとか干せない?

 このページでは、狭いアパートでのシーツの干し方を紹介します。

ad:

シーツを干す場所がない!

 洗ったシーツを乾燥機に入れてしまうのも楽ですが、お金が掛かるしシーツが痛むのも早くなるので、避けられれば避けたいですよね。わたしは乾燥機で乾かした洗濯物の匂いもあまり好きではないので、無理やり自然乾燥してしまいます。

 実家が田舎の持ち家で広々とした空間で育ってくると、お天道様の下でシーツを目一杯広げて干せないので困惑しますが、シーツは完全に広げなくても乾かすことは可能です。

 ジメジメしている季節だとなかなか乾かないので乾燥機が必要ですが、数時間でカラッと乾かないことを妥協すれば、狭いアパートでもシーツを干すことは可能です!

シーツの干し方は室内ならどうする?

 わたしがアパートに住んでいたときは、観音開きのクローゼットのドアを半分くらい開けて、そのドアの上に引っ掛けて乾かしていました。シングルサイズのシーツなら床に付かないし、クローゼットの背が低くて引きずってしまう場合でもシーツを半分に折った状態で引っ掛けても、朝早く洗って風通しを良くしておけば、夕方には乾きます。

 その他、ハンガーラックや部屋のドアの上など、引っ掛けられる場所ならどこでもOKです。生活感丸出しで見栄えしないので、シーツ干し中はお客さんは呼べませんが(^_^;)

 ドアに引っ掛ける場合にはドアとシーツの間にハンガーを立てて挟んで隙間を作ると、風が通りやすくなるので乾きやすいです。

ad:

シーツを室内に干すときの注意点

 その他の洗濯物を室内に干すとき同様、とくに夏場に閉めきった部屋でシーツを乾かそうとすると湿度が上がってカビやダニが発生してしまいます。

 シーツを室内干しする場合には、風の通り道を作るために窓を2箇所以上開けて換気を心がけ、出来れば乾燥機や、エアコンのドライ機能を使用しましょう。

 また、風のない夏場には扇風機で風を作ってあげるのも効果的です。

外国式の物干し台もシーツを干すのに便利です

 わたしは現在引っ越して、多少ベランダの広さのあるアパートに住んでいますが、洋服もシーツも干すのには外国で使われている物干し台をベランダで愛用しています。

 こういうやつです。

 使わないときは畳んで片付けられるので場所を取らないし、雨の日は室内でも大活躍、シーツも2回畳んでこれに乗せておけば、気持よく乾きます。

ad:

 - 生活の知恵袋 ,