en casa

ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

*

ハムスターが冬眠中なのに目が開いてる?死んでいる場合との見分け方は?

   

a0730_000032

 犬や猫ほど手がかからず、ペットを飼った経験のない人でも飼いやすいハムスター。

 種類によっては2匹以上を同じケージに入れると激しい喧嘩をするので別々のケージを用意する必要があったり、寒さに弱いので冬場は注意する必要がありますが、通常は餌やりとケージの掃除程度のお世話で愛嬌を振りまいてくれる手の掛からないペットです。

ad

ハムスターが冬眠中なのに目が開いてるのは何故?

 野生のハムスターは冬眠するようですが、室内で飼っているハムスターは野生動物がするような冬眠はしません。

 動かなくなって冬眠しているように見える場合、寒さ、栄養状態、日照時間の短縮、ストレスなどが原因で体調不良をおこし、低体温症になってしまっています。疑似冬眠とも呼ばれるようですが、安全な冬眠ではありません。

 もし疑似冬眠状態になってしまっている場合、1時間以内に徐々に温めるなどしてあげられないと、死んでしまう、或いは既に死んでしまっている可能性が高いです。

 目が開いたまま動かない状態ですと、残念ながら死んでしまっている可能性が高いです。

ad

ハムスターの疑似冬眠と死んでしまっている場合の見分け方

 固くなっている、ピンクだったお腹が黒くなっている、呼吸をしていないなど、死後硬直の症状が見られる場合は残念ながら死んでしまっています。

 ぱっと見で見分けがつかないようでしたら、すぐに人の体温くらいの温度で温めて様子を見ましょう。もし間に合った場合、1時間前後暖め続けてあげるとゆっくりと動き始めます。

 とにかく温めれば良いと思ってドライヤーやストーブを使用すると、温度が急に変わってしまい小さな体に負担をかけ、死んでしまうので注意してくださいね。

 疑似冬眠状態は体に負担を掛けますので、もし再び動き出しても安心せずに動物病院に連れて行ってあげることをおすすめします。

疑似冬眠の症状とは?

 最初のサインは寒さによる全身の震えで、そのまま悪化すると心拍数と血圧の低下、筋肉の硬直が始まり、だんだん全身が冷たくなり呼吸も弱々しくなっていきます。

 この段階まで来ていると既に危ないです。

疑似冬眠を避け冬を越させるには?

 わたしが飼っていたハムスターはやや肥満気味で、脂肪が寒さを防いでくれていたような気がします。また、寒いだろうと思いティッシュペーパーを大量にケージに入れてあげると、細かくちぎってモコモコの寝床を作っていました。

 夜中は部屋の暖房を切ってしまいましたが、ケージの上から毛布を2枚かけて外気が入らないよう工夫した結果、飼っていたハムスターはだいたい2年は元気に生きてくれました。

 日本でも温暖な地域に住んでいるので、寒い地域だとより厳しいのかもしれません。

ad

 - 生き物 ,