ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

台所の知恵袋

栗を茹でると日持ちはどれくらい?賞味期限が伸びる保存方法が知りたい!常温、冷蔵、冷凍

投稿日:2018年6月23日 更新日:

秋の名物は色々ありますが、栗拾いもそのひとつです。一度は、家族で栗拾いをして、家でゆでた経験はあるのではないでしょうか?

大量の栗を茹でたあと、食べきれず残ってしまうと保存に困りますよね。茹でたものは基本的に傷みやすいので、保存方法をしっかりとしておきたいところです。

このページでは、茹でた栗をできるだけおいしく、長持ちさせる保存方法を紹介します。

PR:

栗を茹でると日持ちはどれくらい?

基本的に、茹でた栗に限らず、食べ物は茹でる時に大量の水分を吸うので、それだけ腐りやすくなります。ですから、茹でた栗はその日に食べるのがベストです。

その日の気温によりますが、気温が高く、湿気が高い時は、食べ物は早く傷んでしまいますから、半日で悪くなるということも決してないわけではありません。また、直射日光に当て続けたものもすぐに傷みますので気を付ける必要があります。

ですから、茹で栗はその日のうちにできるだけ早く消費するのが一番です。

茹で栗の常温での賞味期限は?

茹で栗の常温保存は、数時間と考えて良いでしょう。茹でた栗はとても傷みが早いので、常温で保存するということをあまり考えない方がいいかもしれません。

茹で栗ができたら、粗熱を取って冷まします。直射日光の当たらない日陰で皮をむき、なるべく水分を飛ばすことが必要です。水分が残っていれば残っているほど、傷みやすくなります。

常温保存の長所は、出来立てが食べられるということです。栗と言うと水分がなくパサパサというイメージがありますが、茹でてまもない栗は、ほくほくして美味しいです。

短所は、もちろん、すぐに悪くなってしまうということですね。

RP:

茹で栗を冷蔵庫に入れた場合の日持ちは?

冷蔵保存の場合は、2~3日日持ちさせることができます。基本的には冷凍でも、あまり持たないということを 知っておく必要があります。

冷蔵保存するときに気をつけたいのは、よく熱を取ってラップに包んで保存すること。しかし、気をつけて保存しても味が日に日に落ちていくので、できるだけ早く消費した方が良いです。もし酸っぱい味がしたら、悪くなっている可能性が高いのでやめたほうがいいです。

常温で保存する場合に比べて数日日持ちさせることはできますが、ほくほく感はなくなってだんだんパサパサになり、味が落ちてしまうのが欠点ですね。

栗を茹でたら冷凍保存できる?

茹で栗は冷凍保存することで、大体2、3週間は日持ちさせることができます。とにかく長く保存したい場合、冷凍保存をするのが一番適しています。

冷凍保存をする場合、よく水分を切ってから冷凍庫に入れることが大切です。よく水分を取らないと、冷凍した時に栗の中に水分が残ってしまい、味が悪くなります。水分を取ったら、ラップに包んで急速冷凍ができれば一番いいです。急速冷凍はできれば、時間が経っても味落ちにくくなります。

冷凍保存の長所は、長持ちすることです。味も冷蔵保存に比べたら落ちにくいので、茹でた翌日までに食べ終えてしまうのでなければ、冷蔵ではなく冷凍保存することがおすすめです。

ただ、栗がすこし固くなってしまい、解凍して食べるときに若干パサパサ感が残ります。

茹でた栗をおいしく長持ちさせる保存のコツは?

基本的にゆで栗は、早く食べるのが一番です。あまり長く保存しようと思わず、おいしいうちに食べるのが一番良いでしょう。

しかし工夫次第で、長く美味しく食べることも可能です!茹でた栗の場合、裏ごししてペースト状にしてみるのがおすすめ。この状態で冷凍すれば、冷凍庫に入れることで保存が効きますし、料理にアレンジしやすいので固くてパサパサになった栗を一手間で美味しく食べることができます。

また、栗の甘露煮を作って瓶で保存するのも長持ちします。

茹でた栗をた頂くのも贅沢のひとつ!

日本人にとって、 栗は人気のある食べ物です。今では一年中、栗を楽しむことができますが、ゆで栗を食べられるのは、今でも年に1度の贅沢です。いろんな保存方法を知ることによって、美味しい栗の楽しみ方が広がるはずです。

また、保存方法を知れば、最近注目されている食中毒の被害を避ける事も出来ます。美味しい栗を安全に楽しみましょう!

-台所の知恵袋
-

執筆者:

関連記事

チアシードの保存方法は水で戻した後は?保存場所は冷蔵庫に入れるべき?賞味期限は?

毎日少し食べるだけで、美容にも健康にも効果が期待できる、スーパーフードのチアシード。唯一の欠点は毎回水で戻すのが面倒くさくて、思い立ったときに食べられないことですよね。 そうなると、まとめて水で戻して …

栗ご飯の栗が変色する!茶色くなるのを防ぐポイントは?色よくおいしい栗ご飯を作るコツ

栗ご飯を作っても何故か変色してしまう…といった経験をされたことはありませんか。頑張って栗をたくさん剥いたのに、栗ご飯が変色して出来上がると残念ですよね。秋の味覚である栗の下ごしらえを覚えておけば、変色 …

餃子の羽根をパリパリに焼く黄金比が知りたい!ぶよぶよドロドロを防ぐには?小麦粉それとも片栗粉?粉の割合は?

焼き餃子はパリパリした羽根とジューシーな具のコンビネーションが好き!という方も多いのではないでしょうか?家で焼くときもお店で食べるようなカリカリの羽根を再現したいけど、焦げてしまったり、小麦粉の入れ過 …

手作りローストビーフの保存方法!冷凍しても大丈夫?切ってからの保存期間は?

クリスマス当日に自宅で焼いたローストビーフ、豪勢な夕食にしようと思って大きなかたまりで焼いて、その他のメニューも張り切って色々用意したら、想像以上に余ってしまった!なんてことはありませんか? せっかく …

梅酒の梅に虫食いや傷のあるものを使ってもいい?下ごしらえは通常通りで大丈夫?

6月頃になると、青梅が手に入りやすくなりますので、自家製の梅酒を作ろうと考えている方も多いのではないでしょうか。自家製の梅酒はとても美味しいですが、材料を揃えるところから、実は梅酒造りは始まっています …