en casa

ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

*

ざっくりニットはどうやって洗濯するべき?手洗いのほうが良い?毛玉対策も合わせて紹介!

   

2acd9deb7dc6311f5b5c441461e9ceb0_s

 基本的に冬より夏が好きなわたしですが、ざっくりニットが着れることのは毎年すごく楽しみです。

 数種類のニットを持っているので、シーズン中にたくさん着回したいのですが、ほつれたり、縮んだり、ざっくりニットのお洗濯には心配が付き物ですよね。数枚のニットをわざわざクリーニングに出すもの面倒くさいし、何より不経済!

 このページでは、ざっくりニットの寿命の伸ばす、家での洗濯方法を紹介します!

ad

ざっくりニットはどうやって洗濯するべき?

 まず注意したいのが素材です。

アクリルなど化学繊維のざっくりニット

 アクリルやアクリル+ポリエステルなどの化学繊維の合成で出来ているものは縮まないので、ニットを裏返しにして目の細かいネットに入れ、おしゃれ着コースやドライコース等の優しく洗うコースで洗濯します。

 アクリルのざっくりニットはとにかく伸びやすいので、洗濯時よりも乾かすときに注意が必要。ハンガーに掛けて吊るすよりは、すのこなのど上に置いて乾かしましょう。平干しグッズも便利です。

 また、アクリル製ニットは一度毛玉ができてしまうと取るのが難しいです。毛玉の原因になる擦れを減らすために洗濯するときは必ずネットに入れましょう。ネットの大きさはニットの半分くらいの大きさのものにキツめ入れると、中で動いて擦れるのを防いでくれますよー。

ウール

 ウールなどの動物性繊維のニットは縮みます!縮むのを防ぐポイントは、30度以上のお湯で洗わないことと、ガシャガシャ(回転洗いなど)洗わず押し洗いすることです。

 基本的にはアクリルと同じ手順で洗いますが、アクリルより繊細な洗濯が要求されますので、高価なざっくりニットやお気に入りのニットの場合は手洗いするほうが安全です。

ad

ざっくりニットは手洗いのほうが良い?

 わたしは安いニットの場合ワンシーズンしか持たないつもりでいるので、面倒くさくて洗濯機に入れてしまいますが、手間を惜しまないようでしたら優しく手洗いするほうが長持ちします!

 手洗いする場合は、洗濯液とぬるま湯(熱すぎ注意!)を入れたバケツに畳んだ状態のニットを入れ、お湯の中で浮かしたり沈めたりしながら水圧で洗います。洗い終わったら絞るのはNG!洗濯機の脱水コースで30秒ほど脱水して、平らな状態で乾かしましょう。

ざっくりニットに使える洗濯液

 中性のおしゃれ着用洗剤か、ドライマーク洗剤を使うと、ざっくりニットの縮みとほつれを最小限に抑えることができます。生地を痛めやすいアルカリ系の洗濯液は避けましょう。

ざっくりニットの毛玉対策

 ニットが毛玉になるのは摩擦が原因です。

 洗濯するときに注意することは上記したとおりですが、その他にも満員電車に乗る必要がある、バックを肩にかける、リュックを背負うなど、ニットへの摩擦が予想される日には、高価なニットは避けたほうが安心です。

 また、同じニットを連続で着るよりは、ざっくりニットにも1日休暇を与えると毛玉ができにくいそうです。

ad

 - 生活の知恵袋