en casa

ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

*

金属アレルギーの彼女にアクセサリーを贈りたい!大丈夫なネックレスの素材は?悪化することはないの?

      2018/11/13

3201739cab79b431d67571401a34f0c8_s

付き合っている彼女へのプレゼントで、贈りたいもの、喜ばれるものといえばアクセサリーです。身につけられるものは、いつでも近くにいるような気持ちになれるのもロマンチックで素敵ですよね。

指輪はここぞ!というときまで残しておくとして、クリスマスや誕生日の贈り物として、重宝するのがネックレス。しかし、もしあなたの彼女が金属アレルギーだったら?金属は諦めて、皮やビーズなど、ほかの素材のアクセサリーを探すしかないのでしょうか?

このページでは、金属アレルギーの彼女にも安心で、喜ばれるネックレスについてまとめてみました。

ad:

金属アレルギーの彼女にアクセサリーを贈るときに知っておくべきこと

アレルギーと無縁だと、金属アレルギーのひとはすべての金属に反応してしまうものだと思いがちですが、金属アレルギーと一口に言っても、反応する金属の種類や症状は人それぞれなんです。

どの金属にアレルギーがあるのか調べる検査は、1000円から2000円くらいで皮膚科で調べることができるので、もし可能だったら彼女に検査を受けてもらえれば、アクセサリーを選ぶのに迷わなくてすみますし、次回以降のプレゼントを贈るときにも安心です。

彼女としても、自分のアレルギー源の金属について知っておくのは、重要だし安全なことですからね。

プレゼントを渡すまでに日がなくて、今回はアレルギー検査をしている時間がないよー!という場合には、彼女にどんな金属のアクセサリーをした時にアレルギー反応が出てしまったのか確認しましょう。

確認したい事柄

彼女にアレルギーについて確認するときには、金属の種類だけでなく、アクセサリーの種類と、症状の深刻さも合わせて聞いてみてください。

ピアスは一番アレルギーが起こりやすく、ピアス以外なら大丈夫という人もいれば、ピアスとネックレスは駄目、という人もいるからです。

金属アレルギーでも大丈夫なネックレスの素材は?

もしどの金属にアレルギー反応が出ているのかわからない場合には、できるだけアレルギーの起こりにくい金属のアクセサリーを贈ってみる、という手も。

一般的に金・銀・白銀はアレルギーを起こしにくいとされています。シルバーアクセサリーでアレルギーになった、という人でも、純度の高い銀だと大丈夫なことも珍しくなく、この場合はシルバーに含まれている、銅などの含有率に反応していることが多いです。

ただ、純度が高くなると安心さは増すのですが、値段も高くなってしまいます。できれば先に検査を受けて大丈夫なことを確認しておくか、もしアレルギーが出てしまったら返品を受け付けてもらえるのかと、返品期間や状態など、返品条件はどうなっているのかを確認しておきましょう。

ad:

そのほかにも、チタン、ジルコニム、ハフニウム、タンタルもアレルギーを起こしにくい金属です。これらはインプラントや人工骨にも使われているので、安全度的には一般的にアクセサリーとして出回っているゴールドやシルバーよりもアレルギーの可能性が少ないです。

最近では、金属アレルギー向けの人にステンレス製品も豊富になってきていますね。

アレルギー源になりやすい金属は?

逆に避けたいのは、アレルギーを起こしやすいニッケル、コバルト、クロムの使われているアクセサリー。

これらは金やシルバーの強度を増すために配合されたり、加工の過程で使われたりもするので、いっけん金や銀のアクセサリーでも注意が必要です。

結婚指輪として人気のプラチナは?

プラチナ自体はアレルギーの可能性が低いですが、ショップなどで扱っているプラチナにはパラジウムやイリジウムを混合していることが多く、こちらにアレルギー反応を起こす人も一定数います。

金属アレルギー持ちの彼女へのプレゼントを選ぶ際には、アクセサリー店など商品に詳しい店員さんのいるお店でプレゼントを選び、彼女が金属アレルギーであることを伝えて選ぶのを手伝ってもらいたいところです。

メインの金属だけでなく、どんな金属配合されているのかも確認したいですからね♪

金属以外のネックレスも有り?

プレゼントとしては賛否分かれるので難しいところではありますが、金属以外のネックレスを選ぶ、という手もあります。

畏まったものならパールが良いですし、彼女の好みによっては革紐のペンダント、ビーズのネックレス、個性派なら木製のネックレスも面白くはあります。

どうしても金属にこだわりたい場合には、冬場にタートルネックの上から付けること前提でデザインを選べば、酷い金属アレルギーでない限りは大丈夫です。

金属アレルギーは悪化することはないの?

1番心配なのは、体質に合わないアクセサリーを贈ってしまい、それが原因で金属アクセサリーが悪化してしまうことですよね。

これまでは大丈夫だった金属を選んでちょっと高価なアクセサリーを贈ったのに、やっぱり駄目だった、となってしまっても悲しいです。

こればかりはどうしようもなく、今大丈夫でも、将来的に別の金属へのアレルギーが起こることは十分考えられます。しかし、そこまで考えると何もあげられなくなってしまうので、彼女の症状を聞いてアレルギーの可能性が少ないアクセサリーを選んであげれば、少なくとも気持ちはしっかりと伝わります。

わたしだったら、わざわざネットでどんな金属なら大丈夫か調べてくれている時点で大感激です!

金属アレルギーでもアクセサリーでのお洒落を楽しみたい女性はたくさんいますので、アレルギーだから駄目!ではなく、一緒にどの金属なら付けられるか話し合える関係が何よりのプレゼントですね。

ad:

 - 生活の知恵袋 , ,