en casa

ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

*

お正月の煮物はどれくらい日持ちするの?里芋を入れると長持ちしないって本当?

   

2a6a6a511aa886eb19d74c1581bdd6fe_s

 おせちの重箱に入ることもある筑前煮などの煮物、おせち料理になるくらいですからそれなりに日持ちするものなんでしょうが、具体的にはどれくらい日持ちするんでしょう?

 何かと人の出入りが多いお正月、さっと出せる料理を大量に作って置けると楽だし安心ですが、(お正月くらい家事を休みたい!)お正月から食中毒を出した!なんてことにはなりたくありませんよね。

 このページでは、お正月用に用意した煮物の賞味期限と保存方法について紹介します。

ad

お正月の煮物はどれくらい日持ちするの?

 具体的に○日です!と言えればスッキリしますが、煮物の賞味期限は具材、季節、保存方法と味付けによって大きく変わってきます。

 1月で季節の条件は良いので、丁寧に保存した味付けの濃い煮物の場合、7日は持つかと思われます。食べる前に変にネバネバしていないか、妙に酸っぱくないかは確認してくださいね。

煮物を日持ちさせる保存方法

 大量に作ると場所を食うので大変ではありますが、日持ちさせたい場合には常温ではなく冷蔵庫で保存しましょう。冬だといっても暖房や熱で室内の温度は温まっていることが少なくないので、常温保存だと気をつけて保存しても3日くらいで駄目になります。

 どうしても冷蔵庫に入りきらない場合には、室温保存よりもタッパに入れた煮物を発泡スチロールなどに入れ、家の外の日の当たらない場所で保存するほうが長く持ちますよー。

ad

 また、冷蔵庫で保存することと同じくらい重要なのが、1日1回(2回できればさらに良し)食べなくても火を通し、粗熱が取れるまで待って冷蔵庫に戻す、というプロセスです。

 これをやらないとあっという間に駄目になるので、是非やってください。(ただ、毎日火を通していると、どうしても3日目くらいから煮崩れてきます。)

 その他にも、密封できる容器に入れて保存する、冷蔵庫の開け閉めする頻度を減らす、などでより日持ちさせることができます。

煮物を日持ちさせる味付け

 濃い目の味付けで作った煮物は日持ちしやすいです。これは、塩や砂糖を多く入れることで、煮汁が細菌が増えにくい状態になるからで、調味料と混じっていない水分が多いと細菌は増殖しやすいです。

 もし気にならないようでしたら、お酢や生姜を少々混ぜると気持ちですが日持ちに貢献してくれます。

里芋を入れると長持ちしないって本当?

 基本的に、野菜 > 肉 > 魚 の順でより日持ちします。野菜の中でも、里芋やれんこんなどでんぷん質野菜は持ちにくいので、毎日火を通すときにしっかり中まで熱しましょう。

 筑前煮は鶏肉、里芋、れんこんを抜いて作るとより長持ちしますが、そこまで徹底するともはや筑前煮とは言えないような気もするのが難しいところです。

煮物は冷凍保存もできる?

 あんまり大量に作った場合には、多少味が落ちますが、2つに分けて片方を冷凍保存するのも手です。

 ただし、こんにゃくは冷凍すると水分が抜けてスポンジのようになってしまうので、抜いて冷凍庫にいれることをおすすめします。

 また、イモ類、たけのこ、れんこんあたりも食感が変わるので、取り除くか、小さく刻んで冷凍するなど一手間加えると、解凍してもおいしく食べられますよー。

ad

 - 台所の知恵袋