ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

生活の知恵袋

ヒマワリの切り花を長持ちさせるには?下を向くときにできること

投稿日:

元気な黄色で、飾ると部屋がパッと明るくなるヒマワリ。新鮮な花をじょうずに手入れすると、バラやダリアに比べて長持ちするので、切り花としても個人的に好きな花のひとつです。

ユリを早く咲かせるコツ同様、花屋の勉強会に参加したときに、元気のないヒマワリを復活させる方法も教えてもらい、目からウロコだったので、シェアしたいと思います!

PR:

ヒマワリの切り花を長持ちさせるには?

売り物のヒマワリのようすを見ていると、おなじ日に入荷した切り花でも、ものによって元気だったり、すぐにしおしおになってしまったり、かなり差があることに気が付きます。

しかし元気のないヒマワリも、ちょっと愛情を注いであげるとすぐに元気になることがほとんど。処分してしまう前に、試してみる価値のあることをまとめてみました。

ヒマワリの切り花を長持ちさせる基本

ヒマワリに限らず、切り花を長持ちさせる基本といえば、定期的に花瓶の水を換えて、いつでも新鮮な状態にしておくことと、2日に一回程度、茎を斜めに切ってたくさん水が吸える状態にしてあげること、です。

3年花屋で働いてみた個人的な感覚として、これらの基本は、ヒマワリの切り花にはとくに重要だと思っています。ヒマワリを活けた水は汚れやすいし、茎も詰まりやすいので、忙しい日でも面倒臭がらずに茎を切る必要がある印象です。

ヒマワリの茎を切る場合には、茎の切り口を水につけて、水のなかで切るとさらに効果的です。切った断面に空気があたり、乾燥してしまうのを防ぐことができます。

RP:

ヒマワリの葉っぱが元気なないとき

ヒマワリの葉っぱは痛みやすいので、ほかの花といっしょに活けてあって、ヒマワリの葉っぱのボリュームが必要ないときなどは、最初にすべて取ってしまうのがおすすめです。

それでも、ヒマワリだけで飾っている場合など、できれば葉っぱも残したいこともありますよね。それなのに葉っぱの元気がなくなってしまったら、まずはバケツに水を張り、ヒマワリを逆さにして、花と葉っぱをじゃぶじゃぶ水につけます。花も葉っぱも元気がないのは水分不足であることが多いので、これでシャキッ!とすることが多いです。

花びらは繊細なので、水につけると逆に駄目になってしまう花も多いですが、丈夫なヒマワリはびしょびしょにしてしまっても大丈夫!間違ってもバラやユリを同じ方法で濡らさないでくださいね!

ほかにできるのは、茎をできるだけ短く切って飾ることですね。背の高いヒマワリを背の高い花瓶に活けるのはかっこいいですが、切り口から花と葉っぱまで距離があると、充分に水分が行き渡らないことがあります。茎の短い切り花すると水がちゃんと花まで届くので、すぐに元気になります。

ヒマワリが下を向くとき

せっかく咲いた花が下を向いてしまうと、残念な気持ちになります。ヒマワリは花が重たいので、元気がなくなると下を向いてしまいがち。まずは上記した、ヒマワリを長持ちさせる方法、花まで水を行き渡らせる方法を試してみてください。

そのほかに、ヒマワリの特性、花が明かりのほうを向く、というのを有効活用する方法もあります。もし可能でしたら、ヒマワリの上にライトが来るようにすると、下を向いていた花がぐいっと明かりの方に顔をあげます。

-生活の知恵袋
-,

執筆者:

関連記事

下駄でかかとが痛い!ゆかたでお祭りに行くときの対策は?正しい履き方が知りたい!

夏祭りといえば浴衣!しかし、履きなれない下駄で露天を眺めながら歩きまわると、どうしても足が痛くなってしまいますよね。 とくに、かかとがまめになってしまって痛い!正しい履き方をすればかかとの痛みは抑えら …

初心者マークは1年以上経っても使うのは違法?減点や罰則は?初心者じゃないのに駄目?

若いころに運転免許を取得したけど、車に乗る必要がなかったから運転に自信がない…。初心者マークを付けることが義務付けられている期間は過ぎているけど、周りに運転初心者なことをアピールしたいから、初心者マー …

生理ナプキン一日何回変える?多い日の平均枚数は?少ない場合は変えないでいいの?

初潮を迎えたばかりの女子にとって、生理のナプキンの使い方はコツが分からず困ることも多いでしょう。生理は大体1週間くらい続きますが、ここでは生理の始めから終わりにかけて、どのようにナプキンを使っていけば …

重曹を使った掃除に便利なスプレーの作り方と、効果的な使い方、注意点をまとめて紹介!

大掃除シーズンに役立つ魔法の粉、重曹。食品なので体内に入っても安心で地球にも優しいことで注目されていますが、効果的に使えば市販のクリーナー以上に掃除に貢献してくれます。しつこくこびり付いた汚れが、楽々 …

ユリの切り花を長持ちさせるコツは?寿命はどれくらい?花粉や温度はどうすればいいの?

花屋で働きはじめて3年。やはり一年を通してよく売れるのは、バラ、ユリ、チューリップなどのポピュラーなお花です。なかでも、すこし高価ですが長持ちしやすく、種類によっては部屋中にひろがる香りも楽しめるユリ …