en casa

ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

*

土鍋の焦げ癖は直せる?防ぐ方法を知って、長く使い続けるには?

      2018/10/13

a0002_003233

寒い日に大活躍の鍋料理は、家族みんなが大好きで体が芯からぽかぽか温まり、しかも準備が簡単♪とまさに主婦の味方。

見た目も可愛いし料理の出来も断然美味しいので、土鍋を愛用している人も多いと思います。

使えば使い込むほど味が出て愛着が湧く土鍋ですが、やっぱり消耗品。

丁寧にお手入れをしているつもりでも、使い続けていくうちに焦げ癖がついてしまったら、買い換えるしかないんでしょうか?

ad:

土鍋の焦げ癖は修復できるの?

ある程度良い土鍋(高価な土鍋)でしたら、焦げている部分を綺麗に取り除いてあげることで、次回使うときに焦がさず使える場合もあります。

やり方は、重曹と水をひと煮立ちさせたあと最低一晩放置し、土鍋を傷つけない柔らかい素材で浮いてきた焦げを落として、完全に乾燥させてあげればOKです。

この「乾燥させる」というのが大切で、乾燥が足りないと土鍋が割れたり、カビたり、焦げやすくなったりの原因になってしまいます。

土鍋をしっかり乾燥させるには、洗った土鍋の水気を拭きとったあとに弱火で20秒くらい空焼きし、なるべく風通しが良い状態で保管してあげましょう。

焦げ癖を直すポイントは?

焦げ跡を残したり、焦げを取るときに土鍋を傷をつけてしまうと直らないので、焦げを取るときは、焦らず、根気よく丁寧に行うことが大切です。

ad:

土鍋を長持ちさせる保管方法

土鍋をしばらく使う予定がない場合、しっかりと乾燥させてから、風通しの良い場所に保管すると長く使うことができます。

土鍋をしっかりと乾燥させるのに一番良いのは、太陽にあてて乾燥させる天日干し。

晴れた日に天日干しにし、夜は梅雨がつかないように室内に片付けるのを、できれば2日くりかえしてしっかりと乾燥させます。

これで片付ける準備が整いました!

片付けるときには、余計な湿気を吸い取ってくれるように、新聞紙にくるんであげましょう。このとき、鍋と蓋はべつべつに新聞紙で包むと効果的です。

保管するのに、キッチンで避けたいのは湿気のこもりやすいシンクの下。なるべく風通しのよい場所を選んで保管しましょう。

土鍋の焦げを防ぐには?

調理をしているときに、長時間かき混ぜずに放置してしまったなど、明らかに失敗して焦げてしまった場合はともかく、ふつうのフライパンなら焦げないような使い方で土鍋が焦げてしまう場合は、調理方法に原因があるかもしれません。

とくに水分の少ない料理をする場合、お鍋のあとで雑炊を作るときなどは、沸騰したらすぐに弱火にする、弱火での調理時間も5分を超えないようにすることで、焦げを防ぐこともできます。

まとめ

焦げ癖がついてしまったと思っても、洗い方や使い方を工夫することで直せる場合もあるので、買い換える前に見直してみましょう。

そして、愛用の土鍋をなが~く使い続けるには、丁寧にお手入れして風通しの良い場所に保管する、に限ります。

年中窓際に出しておくわけにもいきませんので、土鍋の底が床とくっつかないように間に橋を噛ませてあげるだけで長持ち度もグンとアップしますよ!

ad:

 - 台所の知恵袋