ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

台所の知恵袋

油はねが怖い?工夫すれば手や肌や洋服にはねない!ステーキも天ぷらもこれで安心!

投稿日:2018年4月2日 更新日:

天ぷらや唐揚げなどの揚げ物だけでなく、ステーキやベーコンを焼くのも油はねが怖い!そのせいで料理に苦手意識があるけど、なんとか克服できないかな?と悩んではいませんか?

油はねはちょっとした工夫でほとんど防ぐことができます。このページでは、手や服への油はねを防ぐ方法を紹介します。

PR:

油はねが怖い!

とにかく油はねするイカの天ぷらや、茄子の素揚げが怖くて苦手なだけならともかく、ステーキや野菜炒め、朝食にちょっとベーコンを焼くときにも、ときどき細かい油が勢いよく飛んで、顔や肌に直撃するとびっくりするくらい痛いですよね。ひどい火傷にはならなくても、何度も続くと料理するの苦手かも…と思ったりしてしまいます。

油はね対策を工夫して手や肌を守るには?

料理しているときの油はねには、大きく分けて、「熱した油やフライパンに食材を入れるときの油はね」と「調理中に食材から水分が出て油がはねる場合」の二段階に分かれます。

食材を入れるとき、油がはねるかも!と思うと、怖くて高い位置から投げるようにしてしまいがちですが、これは一番危ないです。油がはねないようフライパンや揚げ油に静かに置くように食材を入れましょう。どうしても怖い場合、菜箸や耐熱性の料理用の手ぶくろを活用してみましょう。

調理中の油はねは、食材の水分をキッチンペーパーで取り除いておけば、食材によってはマシになります。しかし野菜の水分をすべて取ることは不可能だし、それでもポンッと派手な音を立ててはねることもありますよね。そんなときに心強いのが、オイルスクリーンです!

RP:

油はね対策を工夫すればステーキも天ぷらも怖くない!

まさに油はね対策にこういうのが欲しかったんだよ!というオイルスクリーンですが、どういうものかというと、フライパンに蓋をするように跳ねる油を防いでくれ、しかし細かい網目があるので、調理中に出る湯気は逃して蓋をしていないときと同じように料理してくれる優れものです。これで料理中の油はねは怖くないし、細かい油もはねないので、コンロ周りや壁の掃除がすごく楽になります。

とくに天ぷらをあげるとき、床にまで油が飛ぶので新聞紙を敷いて防いだりしていましたが、オイルスクリーンを使いだしてから必要なくなったので嬉しいです。油はね対策と掃除の手間省略に、ぜひひとつ持っておきたい便利グッズです♪

-台所の知恵袋
-

執筆者:

関連記事

餃子の保存は焼く前だと?くっつくのを防ぐには?冷蔵/冷凍でどれくらい日持ちするの?

焼く前の餃子をそのまま冷蔵庫に入れると、皮同士がくっついてしまってきれいに仕上がらなかったり、水分が出てビシャビシャになってしまったりしますよね。余裕を持ってつくっておきたいけれど、ぐちゃぐちゃになら …

冷凍からあげや冷凍フライの油はねを防ぐには?壁や床にもはねないから掃除が楽ちん!

冷凍解凍のプロセスで水分が多く、揚げるときに油はねが起こりやすい冷凍食品。忙しい日の夕食のもう一品や、お弁当に便利ですが、調理するのが怖い!と悩んではいませんか? このページでは、冷凍からあげや冷凍フ …

ホットケーキの日持ちは?残りの保存は冷凍、常温でも大丈夫?次の日用に作り置きできる?

材料があれば混ぜて焼くだけで自宅でも簡単に作れるホットケーキですが、簡単とはいえ、毎回1枚焼くために作るのは手間なんですよね! ホットケーキミックスも、ちょっとおやつに食べるにしては一袋の量が多いし、 …

ドレッシング手作りの日持ちは?賞味期限と正しい保存方法が知りたい!

出来るだけ手作りして体に良い美味しいものを食べたい!でもドレッシングなんかは毎回少量だけ作るのが面倒だから、作り置きできれば時短になりますよね。 ところで、手作りドレッシングはどれくらい日持ちするもの …

キッチンの見せる収納のほこり対策どうする?掃除の頻度は?手間をかけないコツが知りたい!

かつてはキッチングッズを全て収納して隠す収納が主流でしたが、最近はレストランでもオープンキッチンスタイルが増えているように、まさに魅せるキッチンが大人気となっています。統一性のあるデザインで収集したキ …