ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

年間行事

クリスマスツリーの飾りをセンスよくおしゃれに!てっぺんはやっぱり星?ライトはどんなものを使うべき?

投稿日:2015年11月15日 更新日:

b580d506ee73070adb1a8080279a41bc_s

クリスマスの飾り付けといったら、やっぱりクリスマスツリー!毎年使っている同じツリーでも、飾り付けの仕方によって印象がグンと変わるので、今年は昨年までと一味違う雰囲気にしたな~と考えている人もいるのではないでしょうか?

子どもと一緒に色々ごちゃごちゃ飾るのも可愛らしくて良いけど、もう少し大人っぽくてセンスの良いツリーにしたい!ホテルやレストランで見かけるツリーみたいにおしゃれな飾り付けにしたい!

このページでは、センスに自信がなくてもクリスマスツリーをおしゃれに飾る、コツとアイデアを紹介します。

PR:

クリスマスツリーの飾りをセンスよくおしゃれに!

おしゃれなツリーに仕上げるコツは至って簡単、飾るオーナメントの色と種類を数種類に決めて、デコレーションの統一感を出すことです!せっかくなので手持ちのオーナメントを全て飾りたい気持ちはわかりますが、ここは欲張らずにグッとこらえて、雰囲気にあうオーナメントだけを飾りましょう。

基本は色やオーナメントのテーマを決めることですが、ツリーの形や色も考慮できるとさらにセンスが光ります。とくに白いクリスマスツリーをお持ちの場合、普通のツリーでは真似できないおしゃれな仕上がりになりますよ。

海外に学ぶおしゃれなクリスマスツリー飾り付けのアイデア

クリスマスツリー飾りのてっぺんはやっぱり星?

クリスマスツリーの飾りで特別な場所といえばそのてっぺん!大きめの星を飾ることが多く、クリスマスツリーセットを購入した場合ももれなくてっぺん用の星が入っていることが多いですが、てっぺんには必ずしも何か飾らなければならないわけではありません。

クリスマスツリーのてっぺんに飾る星はベツレヘムの星とも呼ばれるのですが、これはイエスキリストが誕生したときに輝き、賢者を誕生の地へ導いた星とされており、希望や守られた約束を象徴しています。つまり、クリスマスを宗教イベントとして祝わない私たちには関係がないですね。

全体のバランスを見てスター飾りがあってもおかしくないか、雰囲気がズレてないかを確認して、あっても良さそうだったら飾りましょう。

RP:

クリスマスツリー飾りのライトはどんなものを選ぶべき?

ライトはどうしたら良いのか迷ったら、間違いがないのは白や無色ライトの単色のものです。全体の色を抑えて飾り付けしたのに、カラフルなライトを飾ると一気に台無しになりかねません。

飾り付けの色によっては単色の色付きライトを選んでもステキですし、白いツリーに白系の飾り付けをした場合はカラフルなミックス色のライトもおしゃれですが、さり気ない無色ライトが他の飾り付けを際立たせてくれるので個人的には好きです。

-年間行事
-,

執筆者:

関連記事

クリスマスの飾り付けリビングはどうする?安くておしゃれな飾り付け例と、100均活用アイディアを紹介!

街中では早くもクリスマスの飾り付けが目立つようになり、賑やかな季節になってきましたね!飾り付けは見るのも楽しいけれど、デザインを考える時間や、実際に飾り付けするのも特別な時間。せっかくなので家の中もク …

クリスマスプレゼントで10歳の男の子が喜ぶものは?予算5000円だと何が良い?おもちゃは幼すぎ?

クリスマスに親戚の10歳の男の子にプレゼントをあげることになったけど、自分には子供がいないし、男の子の欲しいものって分からない!予算5000円だと、何をあげたら良いのでしょうか? このページでは、10 …

バレンタインでチョコを手作りする場合の日持ちは?ケーキだとどれくらい?いつ作るのが良いの?

バレンタインは、貰う側だけでなくあげる側にとっても楽しいもの。とくに手作りのお菓子をあげる場合、何を作ろうか?相手の好みは?喜んでもらえるかな?今年はこれに挑戦してみよう!など、計画の段階からワクワク …

トリックオアトリートと言われたら返事は?白けない返しは?そもそもどういう意味なの?ハロウィンを日本で

10月になるとあちこちでハロウィン商品を見かけたり、日本でもすっかりハロウィンが定着しましたね! ハロウィンの挨拶の定番といえば、トリックオアトリート!ですが、実際に言われてみると、なんて返すのが正し …

クリスマスの飾り付け玄関はどうする?簡単で華やかなアイディアと、リースの作り方を写真で紹介!

クリスマスの飾り付けで、一番人目につく場所といえば玄関です。 パーティや普段の訪問で家に訪れる人が最初に見るのも玄関ですし、近所の人や通りがかりの人にも楽しんでもらえるので、やり甲斐があるし少しくらい …