en casa

ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

*

書道の筆はシャンプー・リンスで洗うと良い?の真相とは?正しい洗い方を紹介します!

   

340862

 習字の練習で使い終わった筆をきれいにしようと思って何度洗っても、絞るたびにまだ墨が残っていて水が濁ってしまう!墨が残っていると筆が固まってしまうというし、書道の筆を洗うのにシャンプーとリンスを使っても良いの?

 このページでは、正しい書道の筆の洗い方を紹介します。

ad:

書道の筆はシャンプー・リンスで洗うと良い?の真相とは?

 書道筆の毛は動物性なので、シャンプーとリンスで洗ったほうがきれいになるのでは?と考え、実際にネットで検索してみるとシャンプー、リンス(コンディショナー)を使って洗うときれいになりますよ!という意見も度々見かけます。

 動物性の毛にはある程度の脂分が含まれています。この脂分の量が書道を行うときには重要で、あまり多いとうまく墨を含みませんが、足りないと掠れやすくなってしまいます。

 シャンプーで筆を洗うと必要な脂分まで洗い落としてしまいます。その後でリンスかコンディショナーをすると抜けた脂分を補うことはできますが、リンスに含まれている脂分はもともと筆に含まれている脂分とは違うので、毛先が妙にサラサラになり、書き心地、作品の仕上がりに影響を及ぼします。

書道の筆を洗うのにシャンプー・リンスは使わないほうが良いの?

 これは意見が別れるところで、筆にシャンプー(リンス)するなんて信じられない!絶対に止めるべき!という人もいますが、私は場合によってはシャンプーで洗ってリンスをしてあげたほうが長持ちすると思っています。

 購入したての筆はシャンプーを使うほど墨が残っていないので、おろしたての筆にシャンプーをしてしまうのは勿体無いです。

 しかし、長く使っているとどうしても洗いきれなかった墨が残って根本から固まってしまうので、使いにくくなってきたな、と感じたら薄めたシャンプーで洗ってサッとリンスしてあげると使いやすくなります。

ad:

 ただ、リンスをすると筆を使うことで蓄えてきたコシを洗い流してしまいます。リンスしてコシがなくなった筆を使いやすく感じるかどうかは個人差があり、リンスした筆で書く作品の掠れが好みの人もいれば、気にいらない人もいるわけで、リンスした筆は使えたもんじゃない、と思うかもしれません。

 あまり高価ではない筆で、リンスした筆の使い心地を試してみることをおすすめします。

書道の筆の正しい洗い方は?

 動物性の毛なので人間の髪のようにキューティクル?のようなものがあり、根本から毛先に向けて洗うのは基本です。間違っても根本をきれいにするために、筆を逆さに持って毛先の方から根本に勢い良く水を当てたりしないように!

 毛束はノリなので根本を固めてあるだけなので、根本をガシガシ力任せに洗うと抜け毛の原因になり、筆を痛めてしまいます。墨は完全に洗い落とす必要はないので、洗っているときに水に墨が混じらなくなるくらい綺麗になればOkです。(絞ったときに少量の墨が交じるのは問題ありません)

書道筆の普段洗いの手順

  1. お湯ではなく水を使い、水を流した蛇口の下で根本を上にしてもち、根本から毛先に向けて絞るようにして洗います。
  2. 水に墨が混じらなくなったら根本から毛先に向けて絞り、半紙や新聞紙に水を吸わせて水を切ります。
  3. 日の当たらない場所に毛先が下になるように吊るして完全に乾燥させてからしまいましょう。

書きにくくなってきた時の集中洗浄の手順

  1. ぬるま湯に筆を30分~1時間ほど付け置き、根本の固まってしまった墨を溶かします。
  2. 薄めたシャンプーで根本から毛先に向けて絞るように水で洗います。
  3. シャンプーを洗い流し、毛先を潰すようにしながら根本から毛先に向けてリンス、もしくはコンディショナーを馴染ませんます。
  4. つけ置きせずに洗い流します。
  5. 普段通りの方法で水を切り、乾燥させます。

まとめ

 習字の筆は消耗品なので、高級で質の良い筆をどんなに丁寧にお手入れをしても一生使い続けるのは不可能です。

 せめて長持ちさせるために丁寧にお手入れをして、長く大切に使っていきましょう。

ad:

 - 生活の知恵袋