ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

生活の知恵袋

タピオカドリンクで最後に残るのを防ぐには?ぜんぶ空にする飲み方にはコツがあった!

投稿日:2019年7月16日 更新日:

モチモチしていてこれといった味はないけど、なぜか飲み物をよりおいしく引き立ててくれるタピオカ。腹持ちするので、小腹がすいたときのおやつとしても優秀で、残さず飲みきりたいですよね。

しかしこれが意外と難しいこと!ふつうにお茶やジュースを飲むように飲んでいくと、高確率で大半のタピオカがカップの底に残ってしまう!飲み終わったあとでひとつひとつ吸い上げることもできますが、味気ないし、タピオカだけ口に入れるとなんだかベタベタしているし、残ってしまったタピオカをぽこぽこ吸っている図はだらしがないんですよね。

PR:

タピオカドリンクで残るのを防ぐ飲み方

しかし何事にもコツはあります!タピオカドリンクを飲むときにも例外ではなく、これさえ抑えておけば、らくらくタピオカを飲みきれます!というテクニックをまとめてみました。

ストローを刺す場所

タピオカドリンクのストローは、カップに刺さった状態で手渡されることもあれば、ドリンクのカップと刺す前のストローを別々にわたされて、自分で刺す必要があることもありますよね。

タピオカドリンクを飲むときに、ストローを刺す場所はすごく重要。刺す場所について知らないと真ん中にブスッとやってしまいがちですが、これではタピオカを飲み切ることができません。

お店の人が刺してくれる場所を観察してみると、真ん中ではなくカップの端っこに刺していることが分かります。少なくとも、タピオカドリンクのプロは端っこに刺しているはずです。

タピオカを吸いやすいストローの高さ

飲み物を飲むときには、あまりなく吸えるようにストローを底まで入れて吸うのが一般的です。ストローの端が水面に出てしまうと、ズズズっと品のない音も立ってしまいますからね。

しかしタピオカドリンクの場合、ストローを底から5mmから1cmほど浮かせて飲むと、ストローと底のあいだにタピオカが入り込める隙間が空いてうまく吸い込むことができます。

RP:

タピオカドリンクを飲むときには角度をつけて

さらにタピオカドリンクを飲むときには、カップを倒して角度をつけて飲むと、タピオカが気持ちストローに入り込みやすくなります。ストローを刺した角の方を下にしてタピオカが集まるようにしてみてください。

まだドリンクがいっぱい残っているときに、倒しすぎて中身がこぼれないように気をつけてくださいね!

それでも残る場合には?

タピオカの量が多かったり、うまく吸えなかったりして、それでもドリンクが減っていくのにタピオカがごろごろ残ってしまうこともあります。そういう場合には、普通にごくごく飲みながらぜんぶ飲み切れることを祈るだけでは残ってしまうので、ストローを操作して壁際に追い詰め、タピオカがほかの場所に動いてしまう前にサッと吸い込みましょう。

タピオカはドリンクといっしょに賞味するほうがおいしいので、ドリンクが終わってしまう前に手を打つことをあすすめします。

-生活の知恵袋
-

執筆者:

関連記事

プリクラを英語で外国人に説明する方法ーそもそも外国にもあるの?日本だけ?

プリクラって英語で何?日本の文化を外国人に伝えるときは、単語だけではなく説明する必要があるけど、プリクラも説明しないと伝わらない?もしそうなら、どうやって説明すれば理解してもらえるのでしょうか? この …

プリクラポーズ2人友達のアイデア!おもしろネタやおしゃれなモデル風の参考に!全身や目そらしも

仲良しの友達とのプリクラ撮影は楽しいけど、何度も一緒に取っているとポーズのネタがなくて、同じようなプリになってしまう!目新しいおもしろネタやおしゃれに撮るアイデアが欲しい! このページでは、ブックマー …

プリクラを彼氏と撮りたいけどハグとかキスとか緊張する!気まずい雰囲気にならないコツと、落書きアイデアは?

ずっと憧れだった彼氏と一緒に撮るプリクラ、少し前に初めて彼氏が出来て、ついに実現することになったけど、いざそうなってみると何だか緊張する!友達と撮るときはノリや習慣で楽しく取れるけど、彼氏はプリクラを …

錠剤がうまく飲めない怖い!飲み方のコツは?砕くと効き目がなくなる可能性は?

いい歳して恥ずかしいのですが、わたしは錠剤を飲み込むのが非常に苦手です。飲み込むタイミングが掴めないというか、飲み込む勇気がないというか、錠剤と水を口に入れても飲み方が分からず、結局水だけ大量に飲んで …

カシミアストールの洗い方!アイロンをかけても良いの?正しいお手入れの方法とは?

触り心地が良くて暖かく、さらりと巻くだけでオシャレ上級者に見せてくれるカシミアストール。1万円強のちょっと良いものを購入したら、丁寧に扱って長く使いたいですよね。長持ちさせるためにも、冬から春先にかけ …