ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

台所の知恵袋

アボカドを柔らかくする方法!青いのを熟成させるには?レンジ?ずっと固い場合にできること

投稿日:2016年4月25日 更新日:

cf79d11a12e727d1d80d72b17a9cfa50_s

美容に良し、ダイエットに良し、栄養価良し、食べて良し、で良いことずくしのアボカド。今日のメニューに組み込みたいから買い物に行ったら、青くて固いアボカドしかなかった!固いアボカドを早く柔らかくする方法はないのでしょうか?

このページでは、固いアボカドを熟成させる裏技を紹介します。

PR:

アボカドを柔らかくする方法!

自然に柔らかく出来ればそれに越したことはないですが、あんまり固いアボカドだと、熟成させるにも結構時間がかかりますよね。

即使いたい場合に役立つ、すぐに柔らかくなるちょっと邪道な方法と、翌日以降に使う場合に出来る、自然に数日で熟成させる方法を紹介します。

青い固いアボカドを早く熟成させる方法

魔法の方法を使うと、20分でアボカドを柔らかくすることができます!方法はいたって簡単。急いでいるときに役立ちます。

  • アボカドをアルミホイルで完全に包みます。
  • 90度に予熱したオーブンで10分加熱します。
  • アルミホイルに包んだまま冷蔵庫で10分休ませます。
  • 柔らかいアボカドの出来上がり!

アボカドはリンゴやバナナ同様エレチンガスを放出し、エレチンガスによって成熟します。オーブンで加熱することでエレチンガスをたくさん放出させ、アルミホイルで包んでエレチンガスを閉じ込めて、通常よりも早く柔らかくすることができるんですね。

アボカドの大きさ、硬さによってはオーブンでの加熱を15分にしても良いと思います。

RP:

固いアボカドを自然に熟成させるには?

窓際の日当たりの良い場所に放置しておけば、2~3日で柔らかくなります。

わたしはいつもたくさんのアボカドを購入して、窓際で柔らかくさせたあと、すぐに使う予定のないものは冷蔵庫で保存しています。柔らかくなってきたアボカドは冷蔵庫に入れれば1~2週間日持ちするので、使いたいタイミングで使えて便利です。

アボカドがずっと固い場合は?

ときどきハズレのアボカドだと、ずっと固いなー、と思ったら成熟する前に腐ってしまうこともあります。安い果物ではないので悲しいですよね。

窓際に3日置いても柔らかくなってくれない場合は、りんごやバナナと一緒に紙バッグに入れて常温に放置してみてください。りんごやバナナの出すエレチンガスと一緒にバッグの中に閉じ込めるので、うまく熟成してくれるはずです。

それでも駄目だった場合、お店に並ぶまでのプロセスに問題があった可能性もあります。同じ店で買うアボカドが何度もハズレな場合には、アボカドを買う店を変えてみるのが良いかもしれないです。

また、固いままのアボカドを冷蔵庫で保存すると成熟するプロセスが停止してしまい、冷蔵庫から出した後も成熟しない場合ことが多いので、固いアボカドを冷蔵保存する場合には、柔らかくしてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。

-台所の知恵袋
-

執筆者:

関連記事

餃子の保存は焼く前だと?くっつくのを防ぐには?冷蔵/冷凍でどれくらい日持ちするの?

焼く前の餃子をそのまま冷蔵庫に入れると、皮同士がくっついてしまってきれいに仕上がらなかったり、水分が出てビシャビシャになってしまったりしますよね。余裕を持ってつくっておきたいけれど、ぐちゃぐちゃになら …

冷凍からあげや冷凍フライの油はねを防ぐには?壁や床にもはねないから掃除が楽ちん!

冷凍解凍のプロセスで水分が多く、揚げるときに油はねが起こりやすい冷凍食品。忙しい日の夕食のもう一品や、お弁当に便利ですが、調理するのが怖い!と悩んではいませんか? このページでは、冷凍からあげや冷凍フ …

卵賞味期限切れはいつまで大丈夫?食べれるなら食べ方は?半熟でも大丈夫?活用方法と加熱時間についてまとめ!

なにか作ろう!と思ったときになにかと役立つ卵、冷蔵庫に入っていると強い味方なんですが、ひとパック買うと使いきれずに期限切れになってしまうことも多いんですよね。どうも日持ちしない印象もありますが、賞味期 …

茶碗蒸しの日持ちはどれくらい?保存方法は?レンジで温め直しても良い?賞味期限、注意点

作りたてが美味しい茶碗蒸し、意外と簡単に家でも作れるけど、つい作りすぎてしまいますよね。蒸して食べれる状態の茶碗蒸しは、どれくらい日持ちするんでしょうか?冷凍はできる? おすすめの保存方法と、再加熱の …

スパークリングワイン開封後の賞味期限は?コルクを抜いてしまった飲み残しはどうやって保存する?

ふつうのワインと違って炭酸の入っているスパークリングワインは、開けてしまったらふつうのワイン以上に賞味期限が短いイメージがありますが、どれくらいの期間おいしく飲むことができるのでしょうか?とくに蓋では …