ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

年間行事

夏祭りデートの誘い方は?高校生、中学生だけど、女から誘っても良い?

投稿日:2016年7月5日 更新日:

5bc26408983ea25d34ede88c45933ada_s

「彼氏と夏祭りデート」は恋人ができたらやってみたい、憧れのことのひとつですよね!なかなか彼氏との話題に出ないし、分かりやすく誘ってくれないけど、女から誘うのはあり?誘い方はどうする?

このページでは、夏祭りデートへの彼氏の誘い方について紹介します。

PR:

夏祭りデートの誘い方は?

夏祭りというのは特別なイベントなので、万が一一緒に行かない、ということになるなら、他の友だちと約束をする必要もあるし、彼氏も友人と一緒にいく約束をされる前に、早めに一緒にいくことを決めておきたいですよね。

なので、付き合い始めたら夏祭りが近づく前から「一緒に行きたい」アピールをしておくのが良いです。ストレートに一緒にいきたい!と言うのが恥ずかしいようでしたら、昨年の夏祭りはどうした?誰と行った?わたしは何何をした、これ夏祭りで買ったの、(近くを通りかかったときに)花火はこの辺で見た、という何気ない普通の会話から初めて、今年は一緒にいきたいね、とさり気なく伝えておくだけで、向こうから誘ってくれる可能性がアップします。

一大イベントなので、彼氏から誘ってもらえるほうが嬉しいし、彼氏も一緒にいきたいと思ってくれているんだ、と思えて気が楽ですからね。

夏祭りデートは女から誘ってもOK?

それでも誘ってくる様子がない場合には、女の子から誘うのも勿論OK!彼氏がなかなか誘ってくれない場合でも、それだけ夏祭りを特別視していて誘うのに緊張しているんだな、と前向きに考えましょう。

直接「夏祭り一緒に行こう!」と言うのが恥ずかしいようでしたら、メールやラインでドコドコのお祭りに一緒に行きたいな、と伝えるのでも問題ありません。

RP:

夏祭りデートに誘って高校生、中学生の彼氏に断られる可能性は?

とはいえ、いろいろな理由によって断られる可能性もゼロではありません。

まず考えられるのは、そのお祭りには既に友人と行く約束をしている、毎年同じ友人と一緒にいく習慣がある場合です。この場合、あまり無理に一緒にいきたい!アピールをしてウザがられるのは得策ではないので、同じお祭りの別の日や、日にちの違う近所のお祭りがいついつにいるけど、そっちはどう?と別の日を提案してみましょう。

もしくは、同級生の殆どが行くお祭りに彼女と一緒に行ってからかわれるのが恥ずかしい、と思っている場合。この場合には、相手が好きだから付き合ってるところを見せつけたい、付き合ってることをアピールして、彼氏に他の他の女の子が言い寄ってくるのを避けたい、と、相手への愛情と可愛らしい程度の嫉妬心を伝えてみて様子を見ましょう。

それでも無理!と言われたら、ちょっと遠出して知り合いに合わなくて良い他の街のお祭りを調べてみましょう。ふたりでお祭りに行く雰囲気は充分体験できますし、二人で他の街に出かけるのはちょっとした旅行みたいで楽しいですよ!

-年間行事
-, ,

執筆者:

関連記事

中学生の彼氏への年賀状を実家に送る場合、内容はどうすればいい?親にも読まれる?

中学生になって初めて彼氏ができて、さり気ないイベント事も特別な感じで嬉しいですね。年賀状もそのひとつ、彼氏宛に出す年賀状は、今まで出した年賀状よりも気合も入るし、読んだ時にあなたのことを思い出して笑顔 …

結婚式の年賀状は喪中でも出しても良い?寒中見舞いにするべき?写真は?

結婚して初めての年賀状。結婚式の写真を使って二人で連名で出すのを楽しみにされている人も少なくないと思われます。しかし、自分たちではどうにもならないのが喪中のタイミング。ギリギリまで年賀状を出すつもりで …

バレンタインに甘いものが苦手な上司には何を送る?甘くないもののほうが良い?一言メッセージ文例も!

バレンタインには、日ごろお世話になっていて、迷惑もかけている上司に何か送りたいけど、上司は甘いものが苦手なことは周知の事実。やっぱり甘くないものを選んで渡すべき? あくまで義理だし、あまり凝ったものを …

アドベントカレンダーのかわいいアイディア!100均用品の活用法と、作り方は?

12月に入ってクリスマスムードを盛り上げたいのなら、絶対おすすめなのがアドベントカレンダー。市販されているものも悪くないですが、アイディアによっては簡単で、100均で揃えられる道具でもかわいいカレンダ …

クリスマスの飾り付けリビングはどうする?安くておしゃれな飾り付け例と、100均活用アイディアを紹介!

街中では早くもクリスマスの飾り付けが目立つようになり、賑やかな季節になってきましたね!飾り付けは見るのも楽しいけれど、デザインを考える時間や、実際に飾り付けするのも特別な時間。せっかくなので家の中もク …