ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

生活の知恵袋

タピオカドリンクで最後に残るのを防ぐには?ぜんぶ空にする飲み方にはコツがあった!

投稿日:2019年7月16日 更新日:

モチモチしていてこれといった味はないけど、なぜか飲み物をよりおいしく引き立ててくれるタピオカ。腹持ちするので、小腹がすいたときのおやつとしても優秀で、残さず飲みきりたいですよね。

しかしこれが意外と難しいこと!ふつうにお茶やジュースを飲むように飲んでいくと、高確率で大半のタピオカがカップの底に残ってしまう!飲み終わったあとでひとつひとつ吸い上げることもできますが、味気ないし、タピオカだけ口に入れるとなんだかベタベタしているし、残ってしまったタピオカをぽこぽこ吸っている図はだらしがないんですよね。

PR:

タピオカドリンクで残るのを防ぐ飲み方

しかし何事にもコツはあります!タピオカドリンクを飲むときにも例外ではなく、これさえ抑えておけば、らくらくタピオカを飲みきれます!というテクニックをまとめてみました。

ストローを刺す場所

タピオカドリンクのストローは、カップに刺さった状態で手渡されることもあれば、ドリンクのカップと刺す前のストローを別々にわたされて、自分で刺す必要があることもありますよね。

タピオカドリンクを飲むときに、ストローを刺す場所はすごく重要。刺す場所について知らないと真ん中にブスッとやってしまいがちですが、これではタピオカを飲み切ることができません。

お店の人が刺してくれる場所を観察してみると、真ん中ではなくカップの端っこに刺していることが分かります。少なくとも、タピオカドリンクのプロは端っこに刺しているはずです。

タピオカを吸いやすいストローの高さ

飲み物を飲むときには、あまりなく吸えるようにストローを底まで入れて吸うのが一般的です。ストローの端が水面に出てしまうと、ズズズっと品のない音も立ってしまいますからね。

しかしタピオカドリンクの場合、ストローを底から5mmから1cmほど浮かせて飲むと、ストローと底のあいだにタピオカが入り込める隙間が空いてうまく吸い込むことができます。

RP:

タピオカドリンクを飲むときには角度をつけて

さらにタピオカドリンクを飲むときには、カップを倒して角度をつけて飲むと、タピオカが気持ちストローに入り込みやすくなります。ストローを刺した角の方を下にしてタピオカが集まるようにしてみてください。

まだドリンクがいっぱい残っているときに、倒しすぎて中身がこぼれないように気をつけてくださいね!

それでも残る場合には?

タピオカの量が多かったり、うまく吸えなかったりして、それでもドリンクが減っていくのにタピオカがごろごろ残ってしまうこともあります。そういう場合には、普通にごくごく飲みながらぜんぶ飲み切れることを祈るだけでは残ってしまうので、ストローを操作して壁際に追い詰め、タピオカがほかの場所に動いてしまう前にサッと吸い込みましょう。

タピオカはドリンクといっしょに賞味するほうがおいしいので、ドリンクが終わってしまう前に手を打つことをあすすめします。

-生活の知恵袋
-

執筆者:

関連記事

梅酒の瓶が開かないときの開け方は?密封の仕方が悪かったの?保管するのに入れ替えるべき?

家飲みが増えるとともに、自家製の果実酒を作る人も増えているようです。中でも梅酒は人気の果実酒です。1年待って、自家製の梅酒がようやく飲みごろになって、わくわくしながら瓶を開けようとしたら開かない!?か …

免許証の写真にうまく写るコツが知りたい!メイクの方法は?持ち込みはできないの?

身分証明書の代表格でもある運転免許証。一度作ると最長で5年の付き合いになるものですので、写りの良い写真を使いたいですね。しかし、運転免許証の写真はブサイクに映ることで有名で、指名手配犯の写真のような出 …

ペットボトルのお茶の開封後の賞味期限は?開けたら常温だと日持ちは?冷蔵庫に入れても腐る?

段々と暑い日が続き、ペットボトルのお茶を駅などで買って持ち歩く事も多くなって来ると思います。ただ、一度口をつけるとペットボトルの中には口の中の雑菌が入ってしまいますよね。 これを常温で持ち歩くとしたら …

ユリの花粉が手について落ちない!効果的な落とし方は?

花が大振りなのでそれだけで豪華に見え、長持ちしやすく、品種によっては甘い香りの楽しめるユリは、わたしが切り花のなかでとくに気に入っている花です。ただ、手入れが他の花よりも重要だったり、花粉が服やカーペ …

切り花のユリが咲かないのはなぜ?咲かせ方のコツと温度調節の仕方

大ぶりで華やかで、品種によっては部屋中にあまい香りの立ち込める、切り花の王様ともいえるユリ。栽培方法の影響で、バラなんかは香りのないものが増えたなか、しっかりと香りが楽しめ長持ちしやすいユリは、わたし …