ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

生活の知恵袋

タピオカドリンクで最後に残るのを防ぐには?ぜんぶ空にする飲み方にはコツがあった!

投稿日:2019年7月16日 更新日:

モチモチしていてこれといった味はないけど、なぜか飲み物をよりおいしく引き立ててくれるタピオカ。腹持ちするので、小腹がすいたときのおやつとしても優秀で、残さず飲みきりたいですよね。

しかしこれが意外と難しいこと!ふつうにお茶やジュースを飲むように飲んでいくと、高確率で大半のタピオカがカップの底に残ってしまう!飲み終わったあとでひとつひとつ吸い上げることもできますが、味気ないし、タピオカだけ口に入れるとなんだかベタベタしているし、残ってしまったタピオカをぽこぽこ吸っている図はだらしがないんですよね。

PR:

タピオカドリンクで残るのを防ぐ飲み方

しかし何事にもコツはあります!タピオカドリンクを飲むときにも例外ではなく、これさえ抑えておけば、らくらくタピオカを飲みきれます!というテクニックをまとめてみました。

ストローを刺す場所

タピオカドリンクのストローは、カップに刺さった状態で手渡されることもあれば、ドリンクのカップと刺す前のストローを別々にわたされて、自分で刺す必要があることもありますよね。

タピオカドリンクを飲むときに、ストローを刺す場所はすごく重要。刺す場所について知らないと真ん中にブスッとやってしまいがちですが、これではタピオカを飲み切ることができません。

お店の人が刺してくれる場所を観察してみると、真ん中ではなくカップの端っこに刺していることが分かります。少なくとも、タピオカドリンクのプロは端っこに刺しているはずです。

タピオカを吸いやすいストローの高さ

飲み物を飲むときには、あまりなく吸えるようにストローを底まで入れて吸うのが一般的です。ストローの端が水面に出てしまうと、ズズズっと品のない音も立ってしまいますからね。

しかしタピオカドリンクの場合、ストローを底から5mmから1cmほど浮かせて飲むと、ストローと底のあいだにタピオカが入り込める隙間が空いてうまく吸い込むことができます。

RP:

タピオカドリンクを飲むときには角度をつけて

さらにタピオカドリンクを飲むときには、カップを倒して角度をつけて飲むと、タピオカが気持ちストローに入り込みやすくなります。ストローを刺した角の方を下にしてタピオカが集まるようにしてみてください。

まだドリンクがいっぱい残っているときに、倒しすぎて中身がこぼれないように気をつけてくださいね!

それでも残る場合には?

タピオカの量が多かったり、うまく吸えなかったりして、それでもドリンクが減っていくのにタピオカがごろごろ残ってしまうこともあります。そういう場合には、普通にごくごく飲みながらぜんぶ飲み切れることを祈るだけでは残ってしまうので、ストローを操作して壁際に追い詰め、タピオカがほかの場所に動いてしまう前にサッと吸い込みましょう。

タピオカはドリンクといっしょに賞味するほうがおいしいので、ドリンクが終わってしまう前に手を打つことをあすすめします。

-生活の知恵袋
-

執筆者:

関連記事

シーツを干す場所がない!干し方は室内ではどうしたら良い?ハンガーで乾かせる?

暮らしてみるまで分からなかったけど、アパートで暮らしてみると、予想外に不便なのがシーツなどの大物を乾かす場所ですよね。 ベランダは広くないし、室内も広さに余裕があるわけではないし、田舎の庭付き一軒家で …

アロマディフィーザーは夏の湿気でも使える?湿度が上がってしまう?夏バテにおすすめのオイルも紹介!

アロマオイルのある生活って素敵ですよね。冬場にアロマディフィーザーを買ってほぼ毎日楽しんでいたけど、少ないながらも蒸気を出すアロマディフィーザーは、夏で湿気の高い時期でも使えるんでしょうか?部屋の湿度 …

水道水をペットボトルに汲んだときの保存期間は?持ち歩きして節約しても大丈夫?

生活に欠かせない水ですが、蛇口を捻れば出てくるだけあって、外出先でお金を出してまで飲むのはなあ…、と渋る人は少なくありません。 お茶やジュースも毎日購入するんだと一か月でまとまった出費になるし、節約の …

電車に傘を忘れたら見つかる?忘れ物の行方は?次回置き忘れないようにするには?

傘を置き忘れやすい場所といえば、コンビニと電車ですよね。コンビニの場合すぐに取りに戻れるので高確率で手元に戻ってきますが、一度降りてしまった電車に置き忘れた傘を回収するのは至難の業です。 100均のビ …

足つった後痛みが続くときにできることは?冷やす?伸ばす?マッサージ?次の日治らないと病院に行くべき?

掃除や料理など家事をしている最中や就寝中、突然足がつって痛みで寝付けなかったという経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。しばらくすると良くなることが多い足のつりですが、頻繁に起きたり、長時 …