ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

生活の知恵袋

ドライフラワーはどれくらいもつの?長持ちさせる飾り方と、ほこりの取り方が知りたい!

投稿日:

花の飾ってある生活は良いものです。わたしは育ちも現在もそんなに裕福なほうではないので、花を飾る習慣はなかったのですが、花屋で働きはじめてときどき廃棄するものを持ち帰るようになり、やっぱりお花があると違うな~~~と思うようになりました。部屋全体が明るくなる明るい色のお花と、部屋中に甘い香りを充満させるオリエンタルユリがとくに好きです。

しかし、生花をいつでも家に飾っておくのはやっぱり経済的ではないし、水を変えたり、茎を切ったり、終わった花を摘み取ったり、手間も結構かかるんですよね。その点ドライフラワーはだんぜん長持ちするし、面倒を見る必要がないので、代替として優秀!プラスチックの偽花は好きじゃないんですが、ドライフラワーなら天然物なので気になりません。

PR:

ドライフラワーはどれくらいもつの?

ドライフラワーはすっかり枯れているので、状態にこだわらなければ一生飾っておけるともいえますが、カサカサになっていて壊れやすく、ほこりが溜まったりカビが生えたり色あせたりすることで駄目になってしまいます。

花は飾り方、飾る場所にもよりますが、きれいな状態のドライフラワーを楽しめるのはせいぜい半年程度。これを目安に、半年ごとにあたらしいドライフラワーを作ったり、室内の飾り付けを変えるのも、楽しくていいですね。

ドライフラワーを長持ちさせる飾り方

それでもできるだけ、きれいな状態で長持ちさせたいものです。ドライフラワーを長持ちさせるには、飾り方と飾る場所に気をつける必要があります。

ドライフラワーは湿気に弱いです

乾燥させてつくったドライフラワー、湿気に弱く、カビが生えてしまったら一発で駄目になってしまいます。見た目が汚らしいし、衛生的にもよくないですよね。

ドライフラワーが完成したら、1年を通して風通しのいい場所に飾るようにし、とくに梅雨から夏にかけての湿度の高い季節には、湿気のこもらない部屋の高い位置に飾るか、たいせつなドライフラワーはシリカゲルなどの乾燥剤と一緒に箱に入れ、涼しい場所に保管するのが安心です。

ドライフラワーは色褪せます

ドライフラワーは枯れているので、これ以上枯れることはありませんが、太陽の当たる場所に置いておくと、徐々に色褪せて白っぽくなったり茶色っぽくなったりします。

色のついているドライフラワーは、直接日の当たらない場所に飾るほうが、長く鮮やかな色を楽しむことができます。

RP:

ドライフラワーの天敵はほこり!

ほかの家具や飾りに例外なく、ドライフラワーも飾っておくとどうしてもほこりを被ってしまいます。ここで問題なのが、パリパリに乾燥させたドライフラワーはおそろしく壊れやすく、はたきで叩いたり、思い切り息を吹いてほこりを飛ばそうとすると、もろくなった花びらごと飛んでいってしまうこと。濡らすのなんてもっての外なので、濡れ布巾で吹いたりもできません。

半年程度でしたら好きなように飾って、ほこりが溜まってしまったら処分する、でも大丈夫ですが、それ以上飾りたいドライフラワーは、透明の飾り棚に入れて飾るなどのほこり対策が必要ですね。

また、ドライフラワーを作ったときのように、上下逆さまにして飾っておけば、花にほこりが溜まりにくくなるので、ほこりを取りやすくすることはできます。

ドライフラワーのほこりの取り方は?

そんなドライフラワーに着いてしまったほこりですが、取る方法がまったくないわけではありません。カメラについたほこりを取り除くブロワーや、ドライヤーの冷風を弱めに当てることで、ある程度のほこりを飛ばすことは可能です。

長期間放置してしまったほこりはベタベタし始め、弱風では飛ばすことができないので、毎週の掃除に組み込んで、週に一度ほこりを飛ばすのがいいですね。

-生活の知恵袋
-,

執筆者:

関連記事

カシミアストールの洗い方!アイロンをかけても良いの?正しいお手入れの方法とは?

触り心地が良くて暖かく、さらりと巻くだけでオシャレ上級者に見せてくれるカシミアストール。1万円強のちょっと良いものを購入したら、丁寧に扱って長く使いたいですよね。長持ちさせるためにも、冬から春先にかけ …

引っ越しの梱包はどこまでやったらいいの?ダンボール一箱の重さの目安は?コツが知りたい!

人生の一大イベントである引っ越し。引越し先での新しい生活を考えるとワクワクしますが、その前にはやることがいっぱい!とくに物で溢れている部屋の片付け、梱包は骨が折れますよね。 部屋中のものを引っ越しに向 …

折り畳み傘を使った後濡れたまま袋に入れる?帰宅後のお手入れは必要?

当然の雨に便利な折りたたみ傘ですが、使った後の濡れた折り畳み傘は、どうやって持ち歩いたら良いのでしょうか? 濡れたまま袋に入れても良いの?お手入れは?など、外出先で使った折り畳み傘の取り扱いについて紹 …

花粉時期の洗濯物を外干しするには?いつからいつまで?取り込む時間は?落とし方や便利グッズが知りたい!

お洗濯物を外で干すことは、やはり部屋干しよりも、綺麗に乾くことが多いです。このため、外に干したいと考えている方も多いのではないでしょうか。 しかし、春の日にお洗濯を外で干すときに気になるのが花粉症の問 …

金属アレルギーの彼女にアクセサリーを贈りたい!大丈夫なネックレスの素材は?悪化することはないの?

付き合っている彼女へのプレゼントで、贈りたいもの、喜ばれるものといえばアクセサリーです。身につけられるものは、いつでも近くにいるような気持ちになれるのもロマンチックで素敵ですよね。指輪はここぞ!という …