ちょっとの工夫と小さな努力で面白可笑しい毎日を

台所の知恵袋

手作りローストビーフの保存方法!冷凍しても大丈夫?切ってからの保存期間は?

投稿日:2015年10月28日 更新日:

e3d4a2460b27775ea054915b9e2c7fb1_s

クリスマス当日に自宅で焼いたローストビーフ、豪勢な夕食にしようと思って大きなかたまりで焼いて、その他のメニューも張り切って色々用意したら、想像以上に余ってしまった!なんてことはありませんか?

せっかく作ったのだから無駄にはしたくないけど、保存方法や日持ちはどうしたら良いんでしょうか?冷凍することはできるの?

このページでは、手作りローストビーフの保存方法と日持ち具合について紹介します。

PR:

手作りローストビーフの保存方法

まず知っておきたいのはお肉の賞味期限について。というのも、お肉の賞味期限は保存するときの厚さによって変わってくるからです。

かたまりのほうが持ちがよく、切り分けて保存する場合薄くなればなるほど賞味期限が短くなります。

ちなみに、一番持たないのがミンチ肉です。これは、細菌がまずお肉の外側に繁殖し、徐々に内側に腐敗していくのが原因で、薄く切ってしまえば外面が増えるので一気に駄目になってしまうためです。

ローストビースは外側さえしっかり火を通していればレア焼きでも食べれるのに、ハンバーグは火を通さないと危ないと言われるもの同じ理由で、お肉の内側は切ったり穴を開けたりしない限り細菌はなかなか繁殖しないんですね。

なので、ローストビーフの残りは切り分けずに保存しましょう。かたまりのままアルミホイルやラップを巻き、密封容器に入れて冷蔵庫で保存すれば、3~4日はそのままでも大丈夫、食べる際に火を通せば6~7日でもOKです。 食べる前には確認を!

RP:

ローストビーフは傷んでくると酸っぱい臭いになり、べとっとした手触りになります。ちなみにレアで焼いたローストビーフは時間が経つと赤い部分が茶色っぽくなりますが、これは傷んでいるのではなく酸化しているだけなので食べても大丈夫です。

ローストビーフを切ってからの保存期間は?

もしすでにローストビーフを切り分けてしまった場合でも、すぐに捨てなければならない、なんてことはありません!

薄く切り分けたローストビーフも、しっかり密封して冷蔵庫に入れておけば2~3日、場合によってはもう少し大丈夫です。

ただ、一気にたくさん残ったローストビーフを切り分けると、どうしても切り終わったスライス肉がまな板に乗っている時間が長くなる=空気に触れている時間が長くなるので、やっぱり食べるときに食べるだけ切るほうが美味しいまま保存できます。

ローストビーフを保存するのに冷凍しても大丈夫?

冷蔵保存するとき同様、アルミホイルやラップで包んでからフリーザーバックに入れて冷凍すれば、2~3ヶ月は日持ちさせることができます。冷凍庫の保存状態が良ければもっと経っても大丈夫ですが、風味は落ちてしまいますね。

ただ、ローストビーフは一度冷凍すると固くてゴワゴワした食感になってしまいます。クリスマス当日のように薄切りで食べるよりは、カレーやスープに入れるなど、リメイクするほうが美味しく食べられますよ。

-台所の知恵袋
-,

執筆者:

関連記事

オムライスの日持ちは?お弁当に前日作り置きすると腐る?食中毒などで注意することは?

みんな大好きオムライス!作りたてはもちろん、冷めても美味しいし、腹持ちもするのでお弁当にも人気のオムライスですが、朝はお弁当を作る時間がもったいないから、できれば前日作って持っていくだけにしたい、とい …

栗を焼く方法オーブン編ー焼き時間、爆発させないためにやることなど

シーズンになるといろいろな食べ方を試したくなるのが栗。オーブンで焼くと、茹でたときとはまた違ったふっくらとした風味が楽しめるので、ぜひ試してみてほしい食べ方です。 このページでは、安全に栗を焼く方法を …

インフルエンザで料理はいつからしていい?菌は加熱すれば感染しない?家族にうつる?

インフルエンザにかかってしまっても、休んでばかりいられないのが家事!ようやく熱が下がってきて、体も多少楽になってきたけど、料理はいつからしていいの?家族に感染させないには? このページではインフルエン …

オリーブ瓶詰めの汁の使いみちは?あの液体はなにでできているの?ピクルスが作れる?

瓶詰めのオリーブで、オリーブが漬かっている汁。どんなものなのかは良くわからないけど、いい感じにオリーブの味が染み込んでいて、捨てたらもったいない気がしませんか?わたしはします。あの汁は何でできているの …

餃子の保存は焼く前だと?くっつくのを防ぐには?冷蔵/冷凍でどれくらい日持ちするの?

焼く前の餃子をそのまま冷蔵庫に入れると、皮同士がくっついてしまってきれいに仕上がらなかったり、水分が出てビシャビシャになってしまったりしますよね。余裕を持ってつくっておきたいけれど、ぐちゃぐちゃになら …